ゼロからつくる家系図(第13号)〜家系図用ネットサービス〜 /自分でつくる家系図
 
相続・遺言はこちら
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

    ゼ ロ か ら つ く る 家 系 図  (第13号)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


 こんにちは、家系図制作舎サービスを運営している行政書士事務所
 リーガルアシスト横浜の行政書士の清水です。

 昨日、電車のホームからみえる早咲きの桜をみていると、何か動いてる。
 最初はすずめ?と思ったのだけど、良く見ると黄緑っぽい色。鳴き声は聴い
 てないですが、ウグイスのようでした。

 横浜では結局雪はパラついただけで終わり。今年は全然積もらないで
 冬が過ぎてしまうのでしょうか。
 
  
目次
 1.家系図の作成 〜 家系図用ネットサービス 〜
 2.ミニ知識 〜 地名事典 〜
 3.編集後記

  はじめに、このメルマガでお話する事について、
  ざっと概要を書いておきます。[第x号]というのは
  すでに話したところです。[■]は今回の話です。

  ------------------------------------------------------------------
  家系情報の取得((住民票[第1号]=>)戸籍の取得)
    戸籍の取得
      戸籍/除籍/改製原戸籍[第2号]
      どこからどうやって取得するか[第3号]
      謄本/抄本[第3号]
      定額小為替[第2号]
      戸籍謄抄本等請求書(地域により名前は異なります)[第3号]
      本人確認資料[第4号]
        住民基本台帳カード[第6号]
      本人とのつながりを示す資料[第4号]
    戸籍の読み取り
      書式の種類[第2号]
      戸籍に関係した法律[第5号]
      記載原因[第6号]
      個人情報欄[第6号]
      本籍欄、戸籍筆頭者欄、前戸主欄、事項欄[第7号,第8号]
      戸籍をたどりかた[第9号]
      数字、変体仮名、地名[第9号]
  作図
    家系図のスタイル[第10号]
    ソフトウェア選定のポイント[第11号]
    家系図用パソコンソフト[第12号]
    家系図用ネットサービス[■]
    officeでの作図  テンプレートの使用
    fontの設定など
  その他
    長期保存[第4号]
    プリンタ[第5号]
    紙[第7号,第8号]
    巻物・和本など[第10号]
    インターネット検索[第9号,第10号]
    図書館の利用[第11号]
    個人別電話帳[第12号]
    その他

======================================================================

1.家系図の作成 〜 家系図用ネットサービス 〜

  先週、家系図用ソフトウェアとネットサービスに共通する評価項目を
  上げましたが、1点もれてたので追加します。
  
    年号表示機能
        今現在ご先祖を遡ると、多くのケースで江戸時代まで
        遡るでしょう。その時に年号を表示できるかという事です。
        明治までは表示できても、それ以前はできないかもしれません。
        いや、西暦表示があれば充分という方は、当然ながら、
        気にする必要はありません。
        
  パソコン上で動くソフトウェアとの違いを考えると、評価するポイントの
  重みが異なってきます。
  
  パソコン上で動くソフトウェアの場合は、そのソフトを開発している会社
  が開発をやめたりすると、機能の向上は期待できなくなりますが、自分の
  パソコン上のソフトが即日動かなくなるわけではありません。
  
  それに対してネットサービスの場合は、サービスに障害が生じて一時的に
  停止したり、家系図データが消えたり、あるいはサービスを廃止されたり
  したら、即日使えなくなってしまいます。この可能性を考えると、イン
  ポート・エクスポートの機能は重要性がたかいと言えます。
  
  エクスポートしたものを、インポートすることにより復元できるならば、
  少なくとも一時的な障害への対応は可能になります。
  
  エクスポートされたものを、他のネットサービスやソフトウェアで読み
  こんで復元できる可能性はほとんどありませんが、内容が目で読める形
  になっていれば、だいぶ他のネットサービスやソフトウェアへのデータ
  入力が楽になるはずです。
  
  では、ネットサービスの一覧です。ほとんど揃っていると思います。
  
  [ネットサービス専門]
  (1)ネットde家系図             無料、有料印刷機能あり
      http://www.ftree.jp/
      最新情報は2009-3-1。
      ユーザーが1万6千人、家系図に登録されている人数は10万人(08年末)
      運営している(株)パワーウィングスは、年賀状ソフト筆まめの
      (株)クレオと関連会社、先週紹介したルーツ2006の会社とも
      提携しています。
      
  (2)家族の木                無料
      http://www.kiyoraka.jp/tree_guide/
      2008-10-20サービス開始。
      全日本冠婚葬祭互助協同組合、(株)アーガス企画
      簡易版とうたっています

  (3)Personal Ancestral File         無料
      http://www.familysearch.org/eng/default.asp
      最新のNewsは2009-2-9。
      日本語使用可。
      先週紹介しましたが、パソコンソフトはないようです。
      失礼しました。

  (4)Ancestry.com              無料から29.9$/月まで
      http://www.ancestry.com/
      日本語なし。
      最高29.9$/月とは強気です
      日本語なしだと他にもいろいろサービスがあるようで、
      このサイトの左下からリンクされています。

  [パソコンソフトとネットサービスの連携?]
  (5)我家の記録               9,800円
      http://wagaya.hk3.jp/
      最新の講習会が2009-1-17。
      株式会社ひかりコンサルティング
      体験版ダウンロードあり
      ネット版があるが、ブラウザで動くタイプではなく
      インストールが必要。無料/有料不明。

  (6)家系図ツールズ              1,000円
      http://tadamatu0001.web.fc2.com/program/familytreetools/
      最新の更新は2008-9-5?。
      機能は豊富ですが、自動配置の機能はないようです。
      体験版ソフトダウンロードあり。
      パソコンソフトで作成したもののネットでの公開というレベル
      先週紹介のもの。

  (7)Family Tree Builder           無料
      http://www.myheritage.jp/
      最新のブログ更新は2009-2-20。
      日本語使用可。
      ネットワークサービスとパソコン上のソフトと
      両方あるようです。
      先週紹介のもの。


  海外のネットサービスは充分にビジネスとして成り立っているようで
  サービスが廃止になるリスクは少ないようです。しかし、高かったり
  宗教がついてたり、試してないですが縦書系図や年号が駄目でしょうね。
  難しい。

  Ancestry.comの無料から29.9$/月までの違いをみてみると、
    (TOPページからSign Up Nowのボタンで比較の画面にいきます)
  家系図の作図の範囲は無料で、ネット上のデータベースでの検索などの
  サービスレベルが使用料の違いになっています。この会社はアメリカに
  ありますが、結局アメリカは移民の国だというのが、日本との大きな
  違いであり、こういう検索のニーズが全然違うのかもしれません。


  先週、今週と本当は作成した家系図サンプルも紹介できればと思って
  たのですが、そこまで手が届きませんでした。読者の方で作ってみた
  家系図を公開しても良いというものがあれば画像にでもして送って
  いただけたら、皆さんに紹介します。


  次回は「officeでの作図」の紹介です。wordもexcelも作図はほとんど
  共通なので、officeとしました。



----------------------------------------------------------------------
2.ミニ知識 〜 地名事典 〜

  日本の姓のかなりの部分は地名が元になっているといいます。
  
  そういう点からみると、より深くルーツを探るには、地名事典は良い
  資料になるでしょう。代表的なものをあげておきます。
  
    角川日本地名大辞典 (都道府県毎に分冊になってます)
  
    大日本地名辞書  吉田東伍/著   冨山房
    
    地名の研究       柳田国男/著   角川書店

    日本地名大事典	 渡辺光/監修   朝倉書店

    日本歴史地名大系 平凡社 (都道府県毎に分冊になってます)




----------------------------------------------------------------------
3.編集後記

  定額給付金が決まりましたね。
  
  といっても大都市では実際に給付されるまでには時間がかかりそうですが、
  まだ戸籍の調査をしてない方は、調べてみる良い機会かもしれません。
  
  除籍1部が約1000円かかるとして、10部程度、父母の更に祖父母・・・
  というように全系統を遡るには、ちょっと足りなさそう。一系統だけ
  なら、たぶん足りるでしょう。




  せっかく読んでいただいているので、わからない所や、知りたいことが
  あったら、質問してくださいね。
  magazine@legal-assit-yokohama.com や
   http://legal-assist-yokohama.com/kakeizu/QAform.phpから
  質問をお送りください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━