財産とは

財産とは、金銭、預貯金、不動産などの正の財産だけでなく、借金などの負の財産も含んでいます。

正の財産

正の財産は、積極財産ともいいます。

すでに挙げた金銭、預貯金、不動産の他に、株などの有価証券、ゴルフ会員権、自動車などの動産、債権、特許などの知的財産権、著作権なども正の財産です。

被相続人の持っていた権利でも相続の対象にならないものがあります。例えば扶養を受ける権利があります。一身専属といい、あくまでもその人のみに認められるべきとされるものです。

死亡保険金は、本人が受取人になっている場合は、相続財産に含まれます。しかし、本人以外が受取人になっている場合は、その受取人のものであり、相続財産には含まれません。

負の財産

負の財産は、消極財産ともいいます。

借金の他に、各種の債務、保証債務などがあります。

負の財産にも、正の財産と同様に、一身専属のものがあり、これは相続されません。例えば扶養義務や身元保証債務です。

負の財産では債権者との関係に注意する必要があります。例えば、相続人が甲さんと乙さんの二人であり、お二人が借金は甲さんが引き継ぐと合意しただけでは、債権者は乙さんに請求することが可能です。請求先を甲さんのみに限定するには、債権者との契約を見直す必要があります。

なお、相続放棄(後記参照)の場合は、このような事はなく、債権者との合意は必要ありません。相続放棄といっても、法律上の手続きをせずに、相続人の間で放棄したと合意をするだけでは、債権者との関係は残ってしまいます。。

価値の評価

現金、預金は問題ないとして、不動産・ゴルフ会員権・有価証券など時価のある財産については相続時点の時価で評価します。

不動産は一般的には取引価額を使いますので、近辺の不動産の価額が判れば、それを参考にできます。また、不動産鑑定士に鑑定を頼むという方法もあります。なお固定資産税や相続税を算出する際には、それぞれ公示価格や路線価をもとに役所が算出し、相続人間で合意した価格が使われるというものではありません。

コメントは受け付けていません。