遺言の種類

遺言は法律で定めた方式でないと無効になります。普通の方式としては(1)自筆証書遺言(2)公正証書遺言(3)秘密証書遺言の3種類が決められています。この3方式以外にも乗っている船が沈みそうな時などの特別な方式もあります。以下、この普通の方式について基本的な説明をします。

自筆証書遺言

遺言者が自筆で本文、年月日、署名を書き、押印する必要があります。

もっとも手軽に作れます。一方、内容が不充分であとで問題になったり、偽造・変造されたり、隠されたりのリスクも大きいといえます。

本人が書いたかを確認できるように、あくまでも自筆でなくてはならないので、パソコンで書くことはできません。

訂正する場合は、訂正箇所を線で消し、新しい内容を記入し押印、更に欄外に「何字加筆」「何字削除」というように記入し署名する必要があります。遺言全体の量との兼ね合いによりますが、書き直すほうが良い場合もあります。

自筆署名、実印押印しても、やはり本文はパソコンでは書けません。

公正証書遺言

遺言者が公証人に遺言内容を口述して、作ってもらう方式です。そして、作ってもらったものが自分の口述した内容と同じであることを確認し、署名・押印します。なお、この際、証人2以上を必要とし、証人に立ち会ってもらった上で署名・押印してもらいます。口述が原則ですが、遺言者が話せない場合、および耳が聴こえない場合の特則があります。

専門家である公証人が作成するので、方式不備になることは、まずありません。また保管も公証役場で行われるので、偽造・変造の心配もありません。

もっとも、方式不備はなくても、被相続人が財産の一部を入れ忘れるなどのリスクまでなくなるというものではありません。

  公証制度:私的な法律関係の明確化,安定化を図ることを
       目的とした制度。詳しくは法務省のページをどうぞ。

秘密証書遺言

内容は秘密にしておきたいが、偽造・変造を防ぎたいというときに、使える方式です。

遺言者が遺言を作成して署名・押印し、それを内容に押印したのと同じ印で封印します。次に公証人と証人2人以上の前で、自分の遺言であることと氏名・住所を述べて、公証人がその氏名・住所と提出日を封印紙に記載し、遺言者・証人とともに署名・押印します。

保管は本人がありますが、公証人や証人の署名・押印があるので、偽造・変造は困難になります。

この方式では、公証人・証人が立ち会うことにより本人にものである事が確認できるので、内容を自筆する必要はありません。

コメントは受け付けていません。