健康保険の手続きと葬祭費

相続手続きそのものではないけれど必要な周辺の手続きについて少しまとめておきます。

健康保険といっても色々な種類があります。企業の健康保険組合による健保や、国民健康保険、共済組合など。高齢者の場合ですと「後期高齢者医療保険」ですね。そして「介護保険」も入っているでしょう。

「後期高齢者医療保険」と「介護保険」は、横浜市では区役所の「年金保険課」手続きができます。窓口で「介護保険異動届」に記入・捺印して、保険証類を返却します。「後期高齢者医療保険」については、神奈川県の手続きになり、後に関係書類が送付されてきます。高額医療費などがある場合など、この入金が2-3ヶ月あります。どういう仕組みか結構時間が掛かるようです。既存の口座が生きていれば、そこに入金されます。

届け出の時に、本人の死亡を証明する書類が必要そうですが、すでに死亡届が出て、関連の情報が更新されている場合は不要です。このタイミングは、役所の仕組み次第なので、場所により大分違いがあるかもしれません。

保険のほうからは、葬儀の負担をした人は、領収書(コピー)などの提出で、葬祭費(5万円)がもらえます。口座への入金には1ヶ月程度かかります。

コメントは受け付けていません。