よくある質問と答え

戸籍の数はいくつになりそうですか。
これだけは取り寄せてみないと判らないところですが、参考にいくつかのケースをあげておきます。

被相続人の年齢 相続人 戸籍の数 備考
87 配偶者、子3人 11 転籍5回
79 子1人 9 転籍2回、養子あり
90 子3人 10 転籍2回
86 配偶者、子2人 8 転籍3回

転籍回数が多かった場合には、その分増えますが、相続人が配偶者と子、子のみのの場合にはおおむね10通程度で済みます。
いずれも、昭和の改製原戸籍や、平成のコンピュータ化による改製原戸籍を含んでいます。
子がなく兄弟が相続人になる場合には通常戸籍の数は多くなります。

調査にどれだけの時間がかかるか事前に判りますか。
戸籍は順番にひとつひとつ追いかけていくしか調査方法がないので、残念ですが事前にお約束することはできません。慣れていますのでかなり早く集めることができます。早ければ10日程度で終わることもありますが、通常3週間程度かかりますし、もっとかかる場合もあります。実績として1ヶ月半で50通の戸籍を取り寄せたことがあります。定期的に進捗状況をお知らせすることができます。
急いでるのだけれど早くする方法はないのですか?
どれだけ早くなるという保証は出来ませんが、役所とのやりとりを速達で行う事ができます。この場合、速達料金は実費(560円/1往復)で請求させていただきます。
北海道に住んでいますが調査できますか。
はい、日本全国どちらの戸籍でも対応できます。北海道でも沖縄でも対応できます。
誰の戸籍でも調べてもらえますか。
このサービスはあくまでも相続のための調査ですので、相続と関係のない方の戸籍の調査はお引き受けできません。ご依頼人は原則的に相続人の方に限定しています。
自分で途中まで調べたのだけれど安くなりませんか?
はい、ご自分で取り寄せた戸籍を提供していただければ、その分は内容確認は必要ですが、取り寄せの手間が省けますので1通あたり1,000円(税抜き)を割引いたします。途中までやってはみたものの時間がもったいないので、依頼するという方は多くいらっしゃいます。
知らない相続人がいた場合、その人の住所を調べられますか
その相続人の方の住民票上の住所を調べることができます。ただし、その相続人の方が住民票の場所に本当に住んでいるかまでを調べるものではありません。
相続手続きに住民票も必要なので、住民票の取り寄せも出来ますか?
はい、手続きに必要な住民票であれば取り寄せができます。1通あたり1,400円(税抜き)となります。
戸籍を2セット欲しいのだけれれど、2セット目も1通あたりの料金は同じですか?
いいえ、最初から申し込まれた場合は、2セット目以後は定額小為替の実費(戸籍550円、除籍と改製原戸籍850円、戸籍附票と住民票は400円前後(役所により異なります))となります。途中から申し込まれた場合、申込みの前に取り寄せが済んだ戸籍については、取り寄せ1回につき1,200円(税抜き)となります。

コメントは受け付けていません。