火災保険勉強メモ(3)マンション自宅分での注意

火災保険には「水漏れ」なんてオプションがあります。上の階で水漏れして、その水によって被害を受けた場合に対応できるというものです。

自宅が被害を受けた場合です。一方、自分が上階側だとして被害を与えたのだから賠償しなくてはならない。この賠償に対応するのが個人賠償責任保険というオプションです。

被害を与える側、受ける側、両方のオプションがあるんですね。で、重要な点ですが、どの程度の率なのか判りませんが、まともなマンション管理組合であれば、共用部分の火災保険・地震保険に個人賠償責任保険をセットしているという事です。つまり、各個人の火災保険では、水漏れのオプションも、個人賠償責任保険のオプションも不要という事だそうです。

自宅マンションについて確認したところ、確かに加入していました。

更に、この個人賠償責任保険ですが、マンションの水漏れとか限定されているものでなく、個人がマンションの外で人とぶつかって怪我させたなんて場合も対象になっているのが普通だそうです。賠償金額次第ですが、個人での加入自体が全く不要な事が多いようです

しばしば新聞などで医療保険について沢山入る必要ないというような話がありますが、医療保険にかぎらず、保険は要注意ですね。

コメントは受け付けていません。